ふたご座流星群はいつまで見れる?ピークと方角から見れる場所まで

自然現象




2019年も残り後わずか… 12月と言えば三大流星群の一つ、ふたご座流星群が現れる季節です。毎年12月14日あたりに見られる流星群ですね。

国立天文台によれば、夜空が十分に暗い場所で観察すると、一番多い時で1時間に40個以上の流星が出現すると言われています。

2019年のふたご座流星群はいつまで見れるのか?まだ間に合うの?と心配なあなたに、ずばりお答えします。また、どのくらい見ることができるでしょうか。

今年の流星群の観察条件、ピーク時間や方角、オススメの場所もまとめました。

ふたご座流星群を見たいあなた!必見ですよ〜

ふたご座流星群はいつまで見れる?

 

ズバリ!ピーク時間は、12月14日から15日にかけての真夜中です。

流星群の活動が最も盛んになる時間を極大時刻と言いますが、今年の極大時刻は12月15日夜明け前の午前4時頃のようです。流星群は極大時刻に近づくにつれ沢山出現するようになり、その後極大時刻を境に徐々に減っていきます。

オススメの時間は、14日真夜中から15日の夜明け前ですね。極大時刻の前後が一番多く見られるようです。

流星が出現し始めるのは20時頃から。22時を過ぎた頃から本格的に現れ出し23時頃、真夜中にピークを迎えるようです。

その後ピークを過ぎても15日の朝方5時頃まで見られるようですよ〜!結構長い時間観察できるチャンスはありそうですね。

極大時刻的には夜から夜明け前と、空も暗く観察にはバッチリですが、当日は満月超えた月があるようで観察条件はあまり良くないとされています。

とはいえ、国立天文台は空の暗い場所で観察すれば最大で20個程見れる可能性があると言っています。他でも70個ほど期待されるとも予想されていますので見れる可能性は存分にあります!

ち・な・み・に、深夜2時頃には放射点(流星群がそこから出現するように見える点)がほぼ頂点に位置するので見える流星の数も多くなります。また、場所によっては流星が真上から降ってくるように見ることができるかもしれませんよ。

次はせっかくならきれいに見たいということで、どの方角で見られるのかも紹介します。

ふたご座流星群の方角

では、観察するのにどの方角が良いのでしょうか…?実は、方角は特に気にする必要がありません。夜空を広く見渡しましょう。

それは、流星は夜空のある一方に現れるということではなく、どこにでも現れるからですね。放射点を中心に放射状に現れるようですが、平均して放射点の反対側を向いていても放射点と同じ方向に現れる流星と同様の数見る事ができるとされています。

また、放射点付近で見られる流星は軌道が短く、放射点から離れた方向だと長い軌道の流星を多く見ることができるそうです。

ただ一点だけ注意点は、当日は満月超えた月があるので月を正面にして観察しないようにしましょう。月明かりで余計に見えづらくなります。月を背にして観察するとより見えるでしょう。

続いては観察場所のおすすめめです。

ふたご座流星群を見る場所のオススメ!

流星群を観察する場所としては、

  • 街灯や人工の明かりができるだけ少ない場所
  • 空が広く見渡せる場所

この二つがポイントです。

見え方は空の明るさで変わってくるからですね。流星群の光りは人工の明かりに比べ放つ光りが弱いこともあり、都心や市街地の高層ビルや人工の明かりの中心にいては、それらの光りに流星群が遮られてしまい、見える数が本来の半分から10分の1にまで減ってしまうとのこと。

都会の夜空ではあまり星が見られないのもそのためです。

できるだけ街灯を避け、空を広く見渡せる場所を選びましょう

周りが街灯だらけだよーって方も、近くに高台や屋上があればそこに上がってみて下さい。少なくとも夜空は広く見渡せるのでいくつか見えるかもしれませんよ!

そして、最低でも15分くらいはねばって観察し続けてください。都市部、市街地では人工の明かりの影響でそれほど多くの流星が見れるわけではありません。

また、私たちの目も明るい屋内から屋外に出ると暗さに慣れるまで数分かかりますよね。目が暗さに慣れて見えるようになるので、何も見えないからとすぐ諦めず、気長に待つくらいの気持ちで行きましょう。

寝袋やレジャーシートにブランケットで寝そべってゆっくりするのも体が疲れずオススメです。私は昨年そこにプラスホットココアを持参しました。見えるまで粘る気満々で(笑)

冬の夜空ですのでしっかりとした防寒対策が必要です。ホッカイロや上着でしっかり寒さをしのぎましょう。時間的にもとても冷え込む時間なのでくれぐれも風邪を引くことのないよう無理はしないようにしましょうね。

まとめ

ずばり、ふたご座流星群は12月15日の朝方5時ころまでは観察できる予想です。今からでも間に合う!という方はさっそく外をのぞいてみてください。

【観察のポイントまとめ】

  • 観察できるのは14日の真夜中から15日の夜明け前
  • 方角はあまり気にせず、夜空をなるべく広く見渡す(月を背にすると尚良し)
  • 街灯や人工の明かりを避け、空が広く見渡せる場所

これらをおさえておけばきっと流星群を拝める事ができると思いますよ。

双眼鏡や望遠鏡など道具は特に必要ありません。一点に集中するとその分視野が狭くなります。肉眼でより広く夜空を見渡す方がより多く見る事ができますからね。

もし手元に星座早見表がある方は、放射点を確認したり星座を探したりできて面白いかもしれませんね。ぜひこれらを参考にして今年のふたご座流星群を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました