茶碗蒸しの温め直しは蒸し器が簡単?レンジや湯煎でもこれで失敗なし!

料理・洗濯・掃除




できたてを少し冷ました頃が茶碗蒸しの食べごろですが、せっかくきれいにおいしそうな感じに仕上がっても、家族の帰りを待っていてすぐに食べられないこともありますよね。

また、翌日に残った茶碗蒸しも冷たくなっているので、おいしさが半減してしまうという。

そんな時、茶碗蒸しを手軽にうまく温められると便利ですよね!

ということで、一度冷えた茶碗蒸しにすを作らず、手軽に温める方法をお伝えします。

茶碗蒸しの温め直しの注意点

まずは具体的な温め直しをお伝えする前に、温め直しの際の注意点をお伝えします。

茶碗蒸しのおいしさが損なわれてしまう一番理由は、茶碗蒸しにすが入ってしまって食感が悪くなってしまうことなので、これだけは避けたい!

この”す”は温度を一気に上げてしまったり、卵液の水分が蒸発しすぎてしまうために起きるので、できるだけゆっくりと熱を入れていく必要があります。

せっかく美味しくぷるぷるの食感に出来上がっても、温め直しの時にグラグラッと急に温度が高くなるとすが入ってしまいますので、要注意なんです。

 

茶碗蒸しの温め直しに蒸し器はどうなの?

茶碗蒸しを作る時に活躍する蒸し器。ご自宅で簡単に使えるサイズの蒸し器も豊富にそろいますし、なにかと便利ですよね。

しかし、ちょっとめんどうで使いたくないという方は、鍋やフライパンにお湯を張って、高さのあるお皿に茶碗蒸しの器を入れて蒸してもOKです。

私も簡易蒸し器派!この簡易蒸し器は茶碗蒸しの温め直しに重宝するんですよ~。

茶碗蒸しを温める時には、グラグラっとお湯が沸騰したら火を止めて、しばらく放置する方法がオススメ。少ないお湯で素早くできますので、一番早く確実に仕上がるのはこの方法かもしれませんね。

茶碗蒸しの温め直しでレンジは使える?

温め直しのエキスパートといえば電子レンジですね。ただ、卵とレンジってあんまり相性がよくないのはご存知だと思います。

ですから、まずはラップを忘れないことと、加熱時間は短めに。温め足りない時には短時間の加熱ををこまめに繰り返すことをオススメします。

忙しいからといって一気に3分とかかけてしまうと、爆発の悲劇が…。最初に30秒から1分かけて、まだ冷たかったら30秒、と30秒ずつ加熱していくようにしましょう。

30秒くらいだったら若干フチがボコッとなるかもしれませんが、さほど被害はありません。どうしても気になる方は、お醤油かめんつゆと水溶き片栗粉で即席あんかけにしてしまと、見た目もきれいに仕上がりますよ。

 

茶碗蒸しの温め直しに湯煎は?

続いて湯煎で温める方法ですね。これは蒸し器での温め方に似ているのですが、湯煎も確実な方法のひとつです。

蒸し器よりもお湯の量が必要になるのと、時間がかかるということを除けば、もしかしたら一番安心な方法かもしれません。

やり方は、茶碗蒸しの容器がすっぽり入る鍋に、器の7分目くらいまでお湯を入れます。のまま弱火で10分程度置いておくだけで、あつあつふるふるの茶碗蒸しに戻りますよ。

もう少し温めたいと思ったら、火を止めてお湯につけておけば火が入り過ぎずに温まります。

これまでお伝えした方法の中では、一番時間はかかるけれど一番心安らかに仕上げられる方法です。

まとめ

茶碗蒸しの温め直しは、とにかく「火を入れ過ぎない」「一気に温度を上げない」ということがポイントです。

それぞれの方法のやり方とメリットデメリットをまとめてみましょう。

  • 蒸し器

 茶碗蒸しを作る時と同じように蒸気の上がった蒸し器に入れて、グラグラッとお湯が沸騰したら火を止めてふたをしたまま10分ほど放置。

メリット:温まるのが早くてすが入りにくい

デメリット:蒸し器の片付けが面倒

  • レンジ

 茶碗蒸しの容器にラップをかけて、まずは30秒から1分間加熱する。冷たいようならさらに30秒ずつ加熱するのを繰り返す。

メリット:すぐできる

デメリット:レンジの前に張り付いていないといけない、爆発しやすい

  • 湯煎

 茶碗蒸しの容器がすっぽり入る鍋に容器の7分目までお湯を入れて、火にかける。グラグラっときたら弱火にして、10分くらい放置。心配だったら沸騰したら1分で火を止める。

メリット:すが入りにくい、温めている間に他のことができる。

デメリット:タイマーをかけないとうっかり火が入り過ぎる、鍋にお湯を沸かす時間がかかる

 

やはりどの方法にもメリットとデメリットがありますね。

とにかくすが入らないことを大事にするならば時間をかけるべきでしょうし、早く出すことが大事であればレンジでチンを繰り返すのが手軽です。

せっかく卵液を濾したりおいしく作るために心を砕くのメニューですから、この温め直しも上手にしたいもの。状況に合わせて、道具をうまく使って美味しい茶碗蒸しを食べてくださいね~!

タイトルとURLをコピーしました