窓のない部屋を涼しくするベストな方法はサーキュレーターを使うこと

豆知識




夏の暑さで部屋全体がむんわり…だけど、ずーっとエアコンを付けているわけにもいかないし。

思いっきり窓を開けて風を通せば涼しくなるんだろうけど、部屋に窓がない!窓が開けられない!という方に朗報です。

窓のない部屋でも、サーキュレーターが1台あれば、ぐっと涼しくなります

サーキュレーターを使って換気をすることで、涼しさを感じることができ、健康に悪い空気を追い出したり、除湿をしてカビの発生を防いだり、気分をリフレッシュしたりも!

涼しさも換気も、窓なしだから…と諦めるのは今日で終わり!

なぜサーキュレーターで涼しい部屋を作れるのか、その理由を解説。

さらに、窓なしの部屋にもおすすめのサーキュレーターと、その上手な使い方をご紹介します。

窓のない部屋は換気することで涼しく快適になる!その理由

なぜ換気をすることで涼しくなるのか、その理由としては主に3つ。

  • 周りの空気の温度が下がるから
  • 周りの空気の湿度が下がるから
  • 気持ちの面でリフレッシュになるから

すこし詳しく話していきますね。

周りの空気の温度が下がるから

まず、ヒトは常に、自分の体内より温度の低い、周りの空気や物に向かって体の内側の熱を放出することで、体温が上がり過ぎないように調節をしています。

しかし、その時の周りの空気や物の温度や湿度が高すぎると、その放熱作業をじゃまされることになります

逆に、放射熱を受けてしまうことも多くあります。

が、換気をして部屋の空気を下げることで、この放熱がスムーズに行われ「暑い…!」と感じるのを避けられるようになるわけです。

周りの空気の湿度が下がるから

また、私たちが「暑い」と感じてしまう理由のひとつに、湿度の高さもあります。

暑い時に汗をかくことも、気化熱(水分が蒸発する時に奪われる熱)を利用した、放熱方法のひとつなのですが、これも周りの空気の状態がとても影響します。

湿度が高いということは、空気がさらに受け入れられる水分量が少ない、ということなので、皮膚からの蒸発がうまく進まなくなってしまうのです

換気を長い時間していない空気は、私たちの呼吸によっても、どんどん湿度が上がっていきます。

定期的に換気をすることで湿度を低く保つことができ、涼しく感じられるようになります。

気持ちの面でリフレッシュになるから

もう1つの理由は、気分のリフレッシュによるものです。

ずっと留まっているどんよりした空気と、軽く新鮮な空気を入れ替えることで、気分が晴れるはずです。

温度や湿度の高い空気は、体にとっても心にとっても「暑い」と感じてしまい易いんですね。

 

これら3点の理由から、涼しさのためには、換気が大事!と言えます。

換気をするためには、窓を開けることが一番に思いつきますが、窓が部屋にない場合には、サーキュレーターを活用するのが得策です。

そこで、おすすめのサーキュレーターとその使い方をご紹介していきますね!

窓のない部屋の換気用おすすめサーキュレーターと使い方

空気の流れを促すためであれば、扇風機を利用することもできるのですが、サーキュレーターの方がおすすめな理由はこちらです。

  • らせん気流による送風の力強さ
  • 空気を動かせる範囲が広いこと

窓のない部屋におすすめのサーキュレーター

特に、ご家庭の部屋用におすすめできるサーキュレーターです。

3段階の風量と360°首振りを選ぶことができます。

もちろん、好きな角度で固定することも可能なので便利ですよ。

 

デザイン性も気にしたい!という方へはこれがおすすめ。

3段階の風量と4段階の角度調整ができるタイプで、白・黒・カーキ色から選べるのが嬉しいポイントですね。

部屋を涼しくするサーキュレーターの使い方

涼しさを取り入れるための換気に有効な使い方は以下の通りです!

A. 部屋の中心に置き、天井に向けて稼働させる

→部屋全体の空気を回すには1番効率の良い方法です

B. ドアを開け、その近くで部屋の外に向けて稼働させる

→廊下や他の部屋が涼しい場合は、そこの空気を取り入れることのできるこの方法もGOOD!

C. 部屋の隅に置きたい場合には、床に垂直方向で置いて稼働させる

→下に溜まりやすい冷たい空気を全体に回すため、垂直向きに置いて空気を流すのがおすすめ

まとめ

涼しさを簡単に感じるためのコツは、換気をすることでしたね。

窓のない部屋でも上手に換気を取り入れるために、サーキュレーターがおすすめ、とお話ししてきました。

サーキュレーターで換気を促すべき理由は以下の3点でしたね。

  • 周りの空気の温度が下がるから
  • 周りの空気の湿度が下がるから
  • 気持ちの面でリフレッシュになるから

ご家庭の部屋で使用するサーキュレーターなら、小ぶりなものでも十分。

角度調節がしっかりできるものを選ぶことがおすすめです。

 

サーキュレーターの上手な使い方は、これらを参考にしてみてくださいね。

  • 部屋の中心に置き、天井に向けて稼働させる
  • ドアを開け、その近くで部屋の外に向けて稼働させる
  • 部屋の隅に置きたい場合には、床に垂直方向で置いて稼働させる

窓が使えなくても大丈夫!今年の夏は、お得に効率よく、涼しさを感じましょう。

タイトルとURLをコピーしました