残り湯で洗濯は翌日でも問題なし?汚いや臭いを防ぐコツも紹介

料理・洗濯・掃除




湯船に溜めたお湯、少なくはない量だし、そのまま流すのは何となくもったいない気がするし、私自身も残り湯は洗濯に利用する派。

しかし、それでも翌日になってしまって、ちょっと汚れもにおいも気になる残り湯で洗濯してしまってもいいのか、衛生面で不安も。

臭いが洗濯物に移ってしまわないかも、ちょっと不安に感じるところですよね。

ですが、次の日に残り湯で洗濯しても、不潔になったり臭いが残ったりする心配はありません!

むしろ、節水以外にも「お湯を使うことで水よりも油汚れが落ちやすくなる」なんて利点も。

でもやっぱり水の汚れや臭いは気になる…という方に、それらを防ぐために注意するべきポイントをまとめた、残り湯で洗濯する方法・完全版も後ほど解説しますよ。

しかしまずは、原因を探ることが、解決の手口!

なぜ残り湯で洗濯することが、汚い・臭いと言われるのかを見ていきましょう。

風呂の残り湯で洗濯すると汚いとか臭いと言われるワケ!

家族が浸かった湯船のお湯、どうしたって汗や皮脂は混ざってしまいます。

使った後のお湯の雑菌の量を調べてみると、汚れ具合や使用人数によって差はあるものの、使う前の2~30倍ほどに増えているそう。

さらに、一晩明けて翌日になると雑菌が1000倍にまで増えていることも…

と、ここまで聞くと、残り湯の汚いイメージにさらに拍車がかかるだけですが、そのお湯の雑菌の原因は、人から出たもの。

その菌は、ずーっと古くから、私たちと共存してきているので、今更、健康に害のある菌ではないとのこと。

ちなみに、臭いの原因もまた、この菌たちが主です。

お風呂の残り湯を洗濯に使ってもいい理由

それでも、残り湯を洗濯に使っても大丈夫と言える理由は以下の2点!

  • 洗濯洗剤には、残り湯の汚れを洗濯物に付着させない機能があるから
  • 2回目のすすぎで普通の水を使用することで臭い残りも解決するから

洗濯洗剤を使えば雑菌は洗濯物に付かない

そもそも洗濯洗剤にこの機能がなかったら、汚れた洗濯物を洗っても、浮かせた汚れがそのまま元に戻ってしまうだけで、一向に綺麗になりませんよね?!

水に溶けだした汚れは、洗剤の力で包み込まれて、洗濯物に付着しないようになっているので、残り湯の汚れもさほど気にすることはないんです。

すすぎは2回にして、2回目はきれいな水で行えば汚れもスッキリ

さらに、一般的に2回のすすぎが行われるうちの1回目に残り湯、2回目には普通の水を使用するご家庭がほとんどですよね。

2回目に綺麗な水ですすげば、多少残った汚れも、残り湯特有の気になる臭いも、綺麗に消えてなくなる!というわけです。

もしすすぎは1回だけで、残り湯を使いたいという場合は、翌日ではなく当日中に洗濯するようにしたほうがおすすめです。

お風呂の残り湯での洗濯のやり方完全版!汚い・臭いはなくせる?

残り湯は、雑菌が繁殖していたり、臭いが気になったりするけれど、洗濯に使ってしまえば問題がなくなること!と分かったところで。

より安心に清潔に使えるポイントを確認しながら、残り湯洗濯の方法をチェックしていきましょう。

【洗濯の前に】残り湯をできるだけきれいな状態に保つ工夫

できるだけ身体を洗ってから湯船に浸かるようにする

残り湯を洗濯に使うためには、家族にも協力を依頼して、雑菌の繁殖を抑えることができます。

どうしてもの場合は、湯船に浸かる前にシャワーを全身にかけるだけでも効果あり!

軽い汚れはシャワーだけでも落とすことができるので、協力してもらいましょう。

入浴剤を入れる時には要チェック!

「残り湯で洗濯OK」と書かれている入浴剤を使うのが一番安心です。

記載がなく分からない場合でも、派手過ぎるような色でない限りは、そこまで心配する必要はありません。

しかし、わざわざお気に入りの真っ白のワンピースをショッキングピンクの入浴剤入り残り湯で洗濯するのはちょっと…。

洗濯OKか分からない入浴剤を使った翌日は、薄い色の洗濯物は避けるのが吉!

お風呂の残り湯に重曹を混ぜておく

翌日の洗濯に利用するなら、お風呂から出る時に、湯船にひとつかみほどの重曹を入れ、少し混ぜておきましょう。

重曹の静菌効果で、翌日の雑菌の増殖を抑えることができますよ。

【洗濯方法】1.残り湯を洗濯機に移す

湯船と洗濯機が近ければ、バケツで汲んで移すこともできますが、かなりの重労働… 腰を痛めてしまうこともあるので、バスポンプの利用をおすすめします

多少の電気代と、新しく買うことでの初期費用はかかりますが、便利さと水の使い回しによる節約を考えれば、なんてことはないほどの金額ですからね。

長さや容量など、バリエーションも豊富になってきているので、ぜひご家庭に合ったものを選んでみてくださいね。

【洗濯方法】2.洗濯機に洗濯物と洗剤等を入れる

ここからは基本的に普通の洗濯と同じですね。

ただし、雑菌が気になる時には、消臭・抗菌効果がある洗剤や漂白剤を使うといいですよ!

汗や生乾きの臭いを強力分解してくれる洗剤は、残り湯の気になる臭いを減らす効果も!

部屋干し用洗剤に多く見られますし、酸素系漂白剤には除菌効果もありますよ。

【洗濯方法】3.すすぎの2回目は真水を使う設定に!

2回目まで残り湯を使うとなると、かなりの量が必要にもなりますし、やはり臭い残りが気になるところ。

1回目だけでも残り湯を使うと十分な節水にはなるので、2回目は普通の水ですすぐようにしましょう。

【洗濯方法】4.通常通りに干したり乾燥機にかけたりする

ここまでくれば、もう残り湯を使ったことなんて忘れてしまっているくらい、水だけを使った時との差は感じないでしょう。

むしろ、汚れ落ちの良さなど、利点に気付くかも?!

まとめ

残り湯洗濯が汚い・臭いといわれる理由は、人の汗や皮脂などが原因となり、菌が繁殖すること。

ですが、その菌が私たちの健康に害をもたらす可能性はとても低く、さらに、いくつかのポイントを意識すれば、汚れや臭いが洗濯物に付着してしまうのを簡単に防げることも分かりました。

ご紹介したポイントをまとめると、以下の通りです。

  • できるだけ身体を洗ってから湯船に浸かるようにする
  • 入浴剤を入れる時には要チェック!
  • 翌日になる場合には、重曹を混ぜておくとGOOD!
  • 臭いが気になる場合には、バスポンプの汚れもチェックする
  • 雑菌が気になる時には、消臭・抗菌効果がある洗剤や漂白剤を使う
  • 残り湯でのすすぎは1回目だけにする

これらのポイントに気を付けながら、残り湯を賢く活用していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました