缶詰の賞味期限切れはいつまでなら食べれる?シーチキンからフルーツ缶まで

料理・洗濯・掃除




缶詰の裏を見ると、2年や3年など、とっても先の賞味期限が記載されていて、いつまでも持つような気分になり、ついつい棚の奥の方へ…

何かあった時のために!と溜めておいて、あれ、これいつ買ったんだっけ、と気付いた時には賞味期限がかなり切れてしまっていたということもありますよね。

ですが、缶詰の賞味期限は、普段買う生鮮食品や乳製品ほど、慎重にならなくても大丈夫!

基本的には腐敗しない加工がされているので、記載の賞味期限から1~2年ほど超えてしまっていても、缶の見た目や中身の匂いなどが変わっていなければ、問題なく食べれることが多いです。

ただし、缶が膨らんでいる場合や、中身が酸っぱい・臭い、という場合はさすがにNG。

さらに、中の食材ごとに気を付けるポイントもあるので、詳しくご紹介しますね。

最後には、諦めた缶の処理方法も解説していますよ。

どの缶詰でもアウト!賞味期限切れはこうなってたら食べちゃダメ

まず、缶詰類の賞味期限がとても長い理由なのですが、それは缶の中を加熱殺菌し、さらに空気を抜いて、腐敗する原因を限りなく減らしているから。

賞味期限が書かれているものの、製造会社が、試行の元で美味しく食べられると定めた期間に、さらに余裕を持たせた時期を「賞味期限」として便宜上記載しているだけなんです。

つまり、理論上はいつまでも腐ることはないというのが真実です!

しかし、製造過程で加熱不足、密閉不足になっていた場合や、湿気が多い場所、直射日光の当たる場所など、保存状態が不適切であった場合には、腐敗してしまうこともないとは言えません。

そこで、こうなっていたら食べちゃダメ・捨てるべき!というチェックポイントを3点紹介しますね。

  • 缶が膨らんでいる、または押してみるとペコペコと凹む
  • 缶にサビが付いている、または変色している部分がある
  • 外見に特に変化はなかったが、開けてみると腐敗臭がする

これらに1つでも当てはまった場合、残念ながら腐ってしまっているので食べるのはやめましょう

缶が膨らむのは、缶の中で生き残っていた細菌が中身を腐敗させ、ガスを発生させたことなどが考えられます。

サビが付いた缶は、そこから腐食し、缶内に空気や水分、微細物などが入り込んでしまっている可能性があるので危険、というわけです。

中身から、酸っぱい臭い・腐敗臭する場合であれば、諦めもつくかもしれませんね…

さすがにその状態で食べてみよう!と思うのは勇敢すぎますっ!

つづいて、上にあげた3つ以外に、賞味期限が切れたそれぞれの食材では、どんな特徴が現れるのを見てみましょう。

魚類の缶詰の賞味期限切れはいつまでなら食べられる?

魚の缶詰といえば、シーチキン にさんま、サバ、イワシ 、カニあたりが家庭でよく食べられていますよね。

お魚の缶詰はタンパク質などの栄養も満点で、しかも骨ごと食べられるものも多いのが魅力。

生の魚をさばくのが苦手、手間だという場合にも、すでに食べられる部分だけが加工した状態で詰まっているので、とっても便利なので、我が家でも重宝してます。

一般的に、魚の缶詰の賞味期限は製造から3年と言われています。

缶に異常が見られない場合でも、開けてみて、身を箸で持ち上げてみましょう。

この時に、持ち上げられないほど柔らかく、崩れてしまっている物は食べるのをやめましょう。

また、明らかに色が変な場合も、缶のサビが付着してしまっている可能性もあるので、やはり食べないほうが良いです。

野菜類の缶詰の賞味期限切れはいつまでなら食べられる?

続いては野菜の缶詰ですね。

よく使うものとなると、トマトやコーン、グリンピースなどの豆類でしょうか。

野菜の缶詰の一般的な賞味期限は製造から2~3年です。

中を開けてみて、カビが生えていたり、白い膜が張っていたりする場合には食べないようにしましょう

形が崩れている場合でも、匂いや味(試すときは、なめる程度にしておくのが◎)に問題がなければ食べても大丈夫です。

缶詰のパンの賞味期限切れはいつまでなら食べられる?

防災用に備蓄している家庭も多い缶詰のパンですが、普段使うものじゃないゆでに、収納の奥の方にしまったままになっていることも多いですよね。

缶詰のパンの一般的な賞味期限は製造から3年です。

普通のパンと同じですが、カビを少しでも見つけたら、パン全体、食べるのは控えましょう。

目に見えるカビの部分を削ったとしても、カビの根が潜んでいたり、カビ胞子が全体へと飛び散っていたりするためです。

トーストしても、カビの毒素までは加熱殺菌できないので注意です!

開封して取り出す際に、パンがボロッと崩れたり、ちぎれたりしてしまっても、匂いや味などに異変がなければ、食べても問題ありません。

果物類の缶詰の賞味期限切れはいつまでなら食べられる?

果物の缶詰も定番ですよね。桃(白桃、黄桃)、パイナップル、ミックス、リンゴ、マスカットなど、いろんな種類の缶詰がありますよね。

果物の缶詰の一般的な賞味期限は製造から2~3年です。

もしも缶が膨らんでしまっている場合は危険なので諦めて捨てましょう

というのも、果物のシロップと缶の鉄が反応して水素が生成されることがあり、それによって缶が膨張してしまうことがあるからです。

基本的には、缶の内側には鉄が触れないように加工がされているので問題ないはずではありますが。

また、賞味期限を過ぎて保存期間が長くなるほど、シロップが果実に染み込んでいくために、型崩れは起こしやすいようです。

外側に異常がなくても、開けてみたらぐずぐず!という状況も覚悟しておきましょう。

その場合でも、変色や変な臭いがしなければ、食べることは可能です。

缶詰の賞味期限切れの正しい捨て方!廃棄方法を解説

さて、ここまでさまざまな缶詰めが食べられるギリギリのラインを見てきましたが、照らし合わせた結果「食べられなさそう…」と判断した場合の捨て方についてです。

まず、中身の入ったまま捨てることはできない市区町村がほとんどなので、中身と缶を分けて捨てる必要があります。

その時の注意するべき点は以下の3つです。

【缶詰の捨て方3つの注意点!】

  • 缶を開ける時は飛び散りに注意
  • 中身の臭いが充満しないように密閉する
  • 空の缶はしっかり洗ってから捨てる

それぞれの注意点を個別に解説していきますね。

開ける時は飛び散りに注意しましょう

まず、飛び散りについては、缶が膨らんでいる場合など、中にガスが溜まってしまっているかもしれません。

その場合、普通に蓋を開けてしまうと、中身が飛び散ってくる可能性あり。

それを防ぐために、水を溜めた容器や、口を狭くしたビニール袋の中で開けるようにするといいですよ。

また、缶に膨らみが見られない場合も、記載の賞味期限からかなりの期間が経っているようなものは、マスクやゴム手袋を着用しながら開封することをおすすめします。

臭いが充満しないように密閉する

そして、缶から取り出した中身は、腐敗臭などが充満してしまうのを避けるため、ビニール袋に入れてしっかり口を閉め、臭いを密閉できるようにしましょう。

汁気のあるものは、新聞紙やキッチンペーパーなどで包みこんでからビニール袋に入れるとまとめやすくなります。

空の缶はしっかり洗ってから捨てる

中身を取り出した後は、缶や蓋にも臭いがついていることが多いため、空になった缶もしっかり洗って乾かしてから、ゴミに出すようにしましょう。

その際にも、缶で手を切ったり、中身の汁が飛び散ってしまったりしないように配慮して捨てたいですね。

まとめ

どんな食品の缶詰であっても、これらに当てはまる場合は例外なしで食べるのはやめておこう、といえるポイントは以下の3つ。

  • 缶が膨らんでいる または 押してみるとペコペコと凹む
  • 缶にサビが付いている または 変色している部分がある
  • 外見に特に変化はなかったが開けてみると、腐敗臭がする

さらに、

  • 魚類は箸で持ち上げた時の崩れ具合がひどい場合
  • 野菜や果物類は白い膜や変色が見られる場合
  • パン類はカビが生えている場合

にも、食べるのは控えるようにしましょう。

これらのポイントと照らし合わせてみて、少しでも「微妙だな…」と感じたら、健康のためにも、潔く諦めることが大切。

ゴミに出す際に気を付ける点は以下の3点でしたね。

  • 缶を開ける時は飛び散りに備え、マスクやゴム手袋を着用して、水中や袋の中で開ける
  • 中身の臭いが充満しないように、新聞紙やビニール袋に包んで密閉する
  • 臭いが付いているので、空の缶や蓋もしっかり洗って乾かす

賞味期限が長く保存に便利な缶詰ですが、非常用であっても、あまり重宝しすぎずに、定期的な入れ替えが必要なのかもしれませんね。

私もちょっと怖くなってきたので、キッチンの棚の奥の方、点検してきます!(笑)

タイトルとURLをコピーしました