洗濯物の干し忘れは何時間放置したら洗い直しが必要なの?洗剤も必要?

料理・洗濯・掃除




洗濯機の中に放置したままだった!と、気づいた瞬間のやってしまった感…からの絶望。洗濯物の干し忘れ、あるあるですよね。

夜にタイマーを設定していたのに、朝起きたら干し忘れてしまったり、他の家事をしていて朝のバタバタですっかり忘れてしまったり、私自身も何回かあります。

まず、放置してしまった場合の気になるのは「しわ」や「雑菌」。放置した後の洗濯機を開けると生乾きの臭いがプーンと漂ってくることも…。

そこで、洗濯物を干し忘れたらどうする?洗い直しは必要なのか?その際に洗剤も入れるのかについてご紹介します。

洗濯物の干し忘れは何時間までならそのまま干して大丈夫?

洗濯物を洗濯機の中に放置してしまった場合、何時間までならそのまま干してしまっても大丈夫なのか?

その答えは、1~3時間までの放置なら、そのまま干してもOK!

夏場なら1~2時間、冬場なら2~3時間放置してしまったら、洗い直しを考えた方がいいということですね。

すでに6~7時間も経ってしまっていた場合には、何も考えずに洗い直しましょう!

梅雨なんかもすごくジメジメしてますから、夏場と同様に考えた方がいいですね。

干し忘れて1~3時間で洗い直しが必要な理由は、濡れたままで洗濯機に放置してしまうと雑菌が繁殖してきてしまうから。

私の場合も季節にもよりますが、3時間くらいでしたら洗濯物の匂いを嗅いでみて、臭くないならそのまま干してしまっています。

ちなみに、洗濯機を回してから6~7時間も経っていると、さすがに臭いも気になりますし、干してもシワシワで、乾いたものを着るのに抵抗があるというレベルでした(学生時代はよくやってしまってました)。

調べてみると、あまり気にしない方は丸1日忘れてしまっていても気にしないでそのまま干しちゃう人、気になるから30分以内でも洗い直す、という方もいましたよ。

つづいて、洗濯機に放置した洗濯物は洗剤も入れ直して洗わないといけないのか?解説します。

洗濯物の干し忘れは洗い直しをするなら洗剤も必須!

さて、洗い直しをすることになったとして、一度は洗剤を使って洗ってるし、そのまま水洗いでいいのか、また洗剤も入れて同じようにイチから洗い直すのか疑問が残りますよね。

ずばり、干し忘れてしまった洗濯物を洗い直す際には、もう一度洗剤を入れて洗い直しが必要です。

その理由は、少しでも放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまっているから。

雑菌が繁殖した状態では、水洗いだけしても、ただ雑菌がまんべんなく行き渡るだけになってしまうので、きちんと洗剤を使って洗濯してあげないといけません。

主婦としてはちょっともったいない!と思ってしまいますが、ここはケチらずに最初から洗濯をやり直すつもりで、洗剤も入れて洗濯機を回しましょう。

この反省は、もったいないから干し忘れないように、と次回以降に活かしましょう。

次に、洗濯物を放置したらカビが生えてしまうのか?についても紹介しますね。

洗濯物の干し忘れでカビや雑菌の繁殖が怖い…

先ほど雑菌が繁殖してしまっているとお話しましたが、雑菌もカビも怖いですよね…。

洗濯機の中で濡れたままの洗濯物を長く放置してしまった後、フタをあけたらぷ~んっと生乾きの臭いがする時がありますが、この臭いがした時点で洗濯物の中には雑菌が繁殖しちゃってます。

濡れたまま放置された洗濯物は、雑菌が繁殖しやすいと言われる3つの条件、①高い湿度、②高い気温、③豊富な栄養、のすべてがそろってしまっていますからね。

また、濡れたまま長時間経つなどひどくなると、洗濯物にカビが発生してしまって、洗い直しても二度と使用できないなんて事態になってしまうこともありますので、注意が必要ですね!

それから、洗濯槽にカビが生えてしまう原因にもなります

干し忘れは毎回じゃないから大丈夫だと思ってしまうかもしれませんが、チリも積もって洗濯機の寿命にも影響してしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

次は、もしも放置してしまって、臭いが取れなくなってしまった時はどうするのかをご紹介します。

洗濯物の臭い消し方法はコレ!

うわぁ、長く放置しちゃって洗剤入れて洗い直したけど、やぱり洗濯物がにおう!って時もありますよね。

そんな、嫌な臭いを取り去る方法があるので、おすすめの方法を紹介します。

煮洗いをする

タオルなど日常使いするものにちょうどいい方法がこちら。

大きめのお鍋で水を沸騰させて洗濯物を入れたら、そこから20分~30分間そのまま煮てみましょう

ここでちょっとしたポイントなんですが、粉せっけんを少し入れることで臭いだけでなく汚れもすっきり落ちてくれますよ。

この方法は、鍋に水を入れて煮るだけなので、特別な道具も材料も必要なく、思い立ったらすぐにできるのが魅力ですね。

漂白剤やオキシクリーンに浸け置きする

先程の煮洗いでもいいのですが、もっと簡単にスッキリさせる方法としては、漂白剤オキシクリーンに浸け置きしちゃう方法がおすすめです。

洗うものによっては色落ちしてしまう場合もあるので、まずは説明文をよく読んで確認してから始めてください。

また、私がよくやるのはオキシクリーンの粉タイプのものを使う方法です。

はじめに、45℃くいらいのお湯にオキシクリーンをとかし、そのまま浸け置きするだけ

オキシクリーンが、汚れや臭いの元に酸素を結びつけることでスッキリきれいに落としてくれるのが病みつきです。

まとめ

今回は洗濯物を干し忘れてしまったけど、そのまま干していいのか?について詳しくお話しました。

私も他のことをしていて、つい忘れてしまうことがあるので気をつけなきゃいけないなと思っているのですが、起きてしまったものは仕方ないですよね。

ただ、見た目にはそれほど変化がなくても、雑菌が繁殖しちゃってることもありますので、1~3時間過ぎてしまっていたら洗剤も入れて洗い直しが必須!

そして、ちょっともったいないなと思ってしまいますが、見えないところでカビや雑菌が繁殖しちゃっているかもしれませんので、洗剤も忘れずに入れましょうね。

今度は、干し忘れがないように…したいものです!

タイトルとURLをコピーしました