海の家の利用の仕方!快適に一日すごすための賢い使い方を解説

お出かけ




今や、海水浴場での風物詩にもなっている「海の家」!

美味しい食事や飲み物、ロッカーや休憩所、更衣室、シャワー、さらにビーチで必要な物のレンタルなど、海水浴には欠かせないサービスを提供してくれる場所です。

が、近年では、海水浴の「おまけ」としてだけではなく、海の家自体が海へ行く目的になるくらい、そのサービスに力を入れているところも多いんです!

中には、海に入ることがメインではなく、海の家で過ごすことがメイン、という家族をターゲットにしている場所も。

海の家を最大活用しながら、全力で楽しむコツを解説しますよ。

海の家の利用方法シミュレーション!海水浴を楽しみましょう

そもそも、海の家の基本的な使い方って?難しく考えなくても、大丈夫です!

順番に説明していきますね。

■入店する

■利用方法についての説明を聞く

ロッカーの鍵の説明や、各種レンタル料について聞くことができます。

■クロークタイプの場合、荷物入れを渡される

■プランの確認と利用料金前払い

前払いのところが多いイメージです。場所によっては、物のレンタル料が500円でも、最初に1500円払い、返すタイミングで1000円返ってくるというパターンも。

ネットで予約した場合、前もってカード決済できる場所もあります。

■休憩スポットで休むも良し、早速着替えるも良し!

ゴーグルの曇り止めや、日焼け止めなんかもここで塗っておくほうが楽です。

■荷物を預けて、引換の札やバッジなどを受け取る (クロークタイプの場合)

■浮き輪を膨らませたり、パラソルやテントの組み立てをしたり…

レンタルした場合は、これらもサービスとして係りの方がやってくれることも。

■思いっきり楽しむ!!

あとは、存分に満喫しましょう。
また、休憩場所やシャワーは回数無制限で使えるところが多いですよ。

続いて、海の家の利用料金についてもご紹介します。

海の家の利用料金は一日と追加料金あり!おすすめオプションサービスは?

休憩所、ロッカー、更衣室、シャワーなどの施設使用料は、目安として1人1,500円から2,000円ほど

平均的には、大人料金が1,000円から1,500円、子供料金が700円から1,000円、というところが多いようです。

また、土日祝日や夜間には、ほとんどの海の家で追加料金あり。主に、200円から500円ほどの上乗せです。

 

更衣室・温水シャワーだけの利用を500円で提供しているところや、ソファ席・個室などの利用を1部屋分の料金設定(8,000円から13,000円が目安)で提供しているところもあります。

利用人数が多い場合や夜までの滞在を計画している場合、1人1人払うよりも、実は1部屋借りてしまう方がおすすめ、というケースも!

経済的にも得をしながら、ふわふわのソファや冷房完備の部屋が使えてしまうかも。

 

さらに、予約制でパーティープランを組めるところもあります。親戚一同集まるのも楽しそうですね。

しかし、夜間の営業や個室の予約制などは場所によってバラバラなので、事前に要確認です。

 

また、レンタル品の中でおすすめなのは、大きな浮き輪やテント・パラソル類です。

なぜかと言うと、レンタル料に、空気入れ・抜きや設置・組み立てのサービスも付いている場合があるから。

 

持参しようとすると、かさばったり、砂まみれになった後の保管や処理が面倒だったりもしますよね。

そのため、手間のことも考えると、年にそう何度も使う機会のないご家庭では、レンタルしてしまう方が良いかもしれません。

設置や後片付けに無駄な時間を取られないのも、嬉しいですよね。

 

他にも、ゴーグルや日焼け止め、サンオイル、ビーチサンダルなどの貸し出しがあるところも多いですね。

ということで、「うっかり持ってくるのを忘れてしまった!」「気に入ったのもなかったし、使う機会もないからレンタルでいいや!」という方も安心です。

続いては営業している期間と営業時間のご案内です。

海の家の営業期間と営業時間は?

海の家の営業期間は主に7月上旬から、長くても9月下旬頃が主流なようです。

営業時間も、夜までの特別な演出をやっている場所でなければ、朝9時から夕方5時頃まで営業している場所が多い様子。

ですが、これはあくまでも平均的な期間と時間です。場所によってバラバラですし、急な変更等も考えられます。

「せっかく行ったのに…!」なんて残念なことにならないよう、行く場所を決めたら、ぜひ各地、ホームページや問い合わせなどでしっかり確認してお出かけしましょう。

まとめ

ここまで、海の家の使い方をメインに、平均的な料金、おすすめのレンタル品や営業時間についてご紹介しました。

  • 利用時に利用方法や注意点などの説明あり
  • 休憩所や更衣室などの施設使用料は1人1,500円~2,000円程度を前払いが多い
  • 個室を貸し切りなど独自プランがある場合もあり、大人数に◎
  • 大きな浮き輪やテント、パラソル類なども追加料金でレンタルできます
  • 営業期間は7月上旬から、長くても9月下旬頃まで
  • 営業している時間帯は、9時~17時頃

海水浴を1日満喫するためのプランが浮かんできたでしょうか?

海の家を目的にする方向けのサービスもどんどん増えています。

ぜひ、最大活用して、素敵な思い出を作ってください!

タイトルとURLをコピーしました