マスクが暑いし苦しいのはなぜ?夏も快適に着けるための対策3選

豆知識




風邪や花粉症対策などでマスクをしていると、熱気がこもって暑いし息苦しいですよね…。

私もマスクをするのは大嫌いなので、ずっとどうしたらいいかのかと悩んでました。

実は、暑かったり苦しかったりする理由は、マスクのサイズや形状が合っていないからだったんです。

ということで、自分に合ったものを選んでつけるようにすれば改善されますよ。

 

これからお話しする対策をすることで、つけ心地がとても楽になるんです。

ということで今回はそんな、マスクを快適につける方法を詳しくご紹介します。

マスクをつけると暑苦しい理由

マスクを付けると暑苦しい理由はズバリ、マスクのサイズや形が自分に合っていないからでしたね。

人の顔って形や大きさには個人差がありますよね。

大人であっても顔が小さい人や大きい人、また面長だったり丸顔だったり、色々な輪郭やサイズがあるわけです。

 

それなのに、適当に選んだマスクをつけてしまうと、マスクで密閉されたスペースに自分の息による熱気がこもってしまい、暑さを感じたり、息苦しさを感じたりしてしまうんですよ。

 

私もお徳用のマスクをつけると、顔に合っていないせいで、必ずと言っていいほど、息苦しさや暑苦しさを感じてしまいます…。

やっぱりマスクって自分に合ったものをつけるのが重要だと実感しますね。

 

ということで、サイズ選びに気を付ければ、マスクをしないといけない場面でも安心です。

自分の顔の形にあったマスクを選んで快適ににつけていきましょう!

 

次は、少しでも暑さを感じにくくするための対策を3つご紹介します。

マスクが暑いことへの対策3選 これで快適にすごせる!

マスクをすると暑く感じる場合には、

  1. 顔のサイズに合ったマスクを選ぶ
  2. 立体的なマスクを選ぶ
  3. 涼しい素材のマスクを選ぶ

という3つの対策が効果的です。

 

ではそれぞれをより詳しく解説していきますね。

顔のサイズに合ったマスクを選んで使う

先ほどもお伝えしたように、マスクの暑苦しさ息苦しさを改善するには、自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶ、ということがとても重要です。

 

例えば大人用でも男性用と女性用がありますし、形や大きさも違います。

フィットするものとしないもの、素材も違いますよね。

 

特に小さいマスクを使ってしまうと、熱気がこもりますし、息苦しくもなります。

 

最近はマスクの種類もかなり増えているので、ぜひ自分の顔のサイズに合ったものを選んで使っていきましょう。

ちなみにマスクのサイズの測り方は、下記のサイトを参考にしてみると良いですよ!

マスクの付け方と正しい選び方。サイズや向きが重要って知ってた?
もしもあなたがマスクをテキトーに選んで、テキトーに付けているということなら要注意!何故なら、正しいマスクの使い方をしないと花粉や細菌、ウイルスの侵入をいとも簡単に許してしまうから!!ついつい、「なんとなくのサイズ感」でマスクの大きさを決めて

私もこの方法で、自分に合ったマスクを選んでいこうと思います。

立体的なマスクを選んで使う

次に、マスクは普通の平らなものよりも、立体的なマスクを選んだ方が、息苦しさや暑苦しさを感じないのでおすすめです。

 

暑苦しくなるのは、マスクの形状が合っていないからでした。

そこで立体的なマスクを選ぶことで顔の形にフィットしやすくなり、呼吸をじゃましないので、暑苦しいのを解消できる可能性が高くなります。

 

普通のマスクだとどうしても暑苦しく感じてしまうのでしたら、ぜひ立体的なマスクを選ぶようにしてみるといいですよ!

私も立体マスク派ですが、一度使ってみて良さを実感してから使うようになって手放せなくなりましたので、かなりおすすめです。

 

風邪や花粉症などで体調がよくないときには暑さがなおさらこたえますから、立体マスクをまとめ買いして乗り切りたいですね。

涼しい素材のマスクを選んで使う

最後3つ目は、涼しい素材のマスクを選ぶというもの!

いろんな素材を使ったものが売られています。

 

そんな、涼しいマスクで特にイチオシなのが、天然素材のリネン、つまり麻と綿素材で作られたマスクです。

こちらのマスクが人気も高くておすすめです。

このマスクならすごく涼しそうですし、息苦しさも感じにくそうですね。

 

ただマスクの素材を変えるだけでも、だいぶ快適に使うことができるので、ぜひマスクの素材にも着目して、涼しいものを検討してみてくださいね。

 

以上がマスクの暑苦しさ、息苦しさの対策3つでした。

やっぱりマスクは快適に使っていきたいですよね。そのためにも、この3点に気を付けて探してみてください。

まとめ

マスクが暑い場合や苦しい場合は、マスクが顔に合っていないことが原因だと考えられます。

そのため、

・自分の顔に合ったマスクを選ぶ

・立体的なマスクを選ぶ

・リネン素材など、涼しい素材で作られているマスクを選ぶ

ことで、快適につけられるようにしましょう。

 

これで、もう暑いし苦しいマスクとはお別れして、安心・快適にお出かけできますね!

タイトルとURLをコピーしました