根津神社のつつじ祭りの屋台や混雑情報!ゆったりと楽しむコツは?

イベント




根津神社では毎年ツツジが見ごろを迎える時季にあわせて「つつじまつり」が開催され、沢山の人が訪れます。

境内のおよそ2000坪のつつじ苑に約100種類、3000株ものツツジが咲き誇って見事な光景を楽しめますが、屋台はどうか?混雑状況は?と疑問に思うことも。

つつじ祭りでは、鳥居に前に着いたら屋台がところせましと軒を並べていて、その江戸情緒あふれる懐かしい光景はつつじ祭りの名物です。早速チェックしていきましょう。

津神社のつつじ祭りの屋台の営業時間や種類と口コミ

つつじ祭りの期間中は、たくさんの屋台が出ますが、ざっと一覧にして紹介するとこんな感じです。

  •  からあげ
  •  焼きそば
  •  焼き鳥
  •  お好み焼き
  •  大判焼き
  •  アイスクリーム
  •  かき氷
  •  和菓子
  •  くじ
  •  射的

夏祭りのように、たくさんの屋台が並んでいるので、好みの物に出会えるはずです。

そんな中でも、珍しいのは和菓子の屋台です。イチゴ大福や干し柿、干しいも、しいたけなどもあるんですよね。

そして、口コミで話題なのが「甘酒茶屋」です。「甘酒茶屋」では、甘酒と酒まんじゅうがいただけます。

出来立てほかほかの酒まんじゅうはその場で食べることも、お持ち帰りもできるのでお土産にも人気です。つつじ祭りの期間中に設置される「甘酒茶屋」はつつじ祭りの名物となっています。

また、ゆったりくつろげる席もあるので食事もOK!小さいお子さんが一緒でも、ゆっくり休みながら見て回ったり、屋台を楽しむことができるのはありがたいですよね。

それから、おでんをつまみながら飲んでいる方もいました。ただし、まったりするなら混雑を避けることが必須となりますから、この跡紹介する混雑情報も要チェックですよ。

根津神社のつつじ祭りの混雑情報と避けるコツ

まず、つつじ祭りが一番混雑するのは、やはりゴールデンウィークの期間です。

つつじが見ごろを迎えるころになるとより混雑してくるようになり、大型連休のゴールデンウィークはお休みの人が多く、家族や友人らと足を運びやすいので混みます。

どの観光地もそうですが連休中はドッと人も増えてきて、特に最終日にはすごい人!になるので注意が必要です。

【混雑を避けるポイント】は、次の通りです。

  1. ゴールデンウィークは避ける
  2. 平日に行く
  3. 混む時間帯を避け、朝一番もしくは15時以降を狙う

個人的には、ゴールデンウィークに入る一週間前あたりがつつじも見頃を迎えてきれいですし、連休中よりは混雑していないのでおすすめですね。

あとは、もちろん天候によっても混雑状況は左右します。晴れた過ごしやすい日は混雑し、雨なら空いている可能性が高いです。

ちなみに、時間帯は昼から15時くらいにかけての時間が一番混雑しています。朝一番は比較的空いていますし、15時すぎから夕方になると混雑状況も落ち着いて、ゆっくり観て回れますよ。

その他の注意点としては、4月上旬だとツツジがまだほとんど咲いていないことが多く、せっかく楽しみにしていたのにお花が咲いていなくて魅力が半減となってしまうので要注意です。

根津神社のつつじ祭りの基本情報

それでは、根津神社で行われるつつじ祭りの情報をまとめてご紹介します。お出かけの際の参考にどうぞ!

■つつじ祭り開催場所:根津神社(文京区根津1-28-9)

つつじ苑は根津神社の境内西側にあります。

■開催時期:4月中旬から5月上旬にかけて

■開園時間:9時~17時半

■入場料:200円(引率のある小学生以下のお子様は無料)

■見ごろ:毎年4月中旬~下旬(※開催時期以外は園内立入禁止)

■交通アクセス

  •  東京メトロ千代田線「根津」駅、「千駄木」駅より徒歩5分
  •  東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩5分
  •  都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩10分
  •  都バス上58「根津神社入口」より徒歩1分
  •  都バス草63「団子坂下」より徒歩5分
  •  都バス上60、上26「根津駅前」より徒歩5分
  •  都バス東43、茶51「向丘一丁目」より徒歩5分

※専用駐車場なし。交通機関を利用して出かけましょう。

続いては、つつじの見頃と開花状況についてです。

根津神社のつつじ祭りの見頃と開花状況

毎年、4月中旬から下旬にかけてがつつじの見頃ですが、もちろん天候により例年より早かったり、遅かったりします。

そこで、文京区のホームページでは開花情報が更新されていますので、お出かけの際に参考にチェックしていくといいですね。

またTwitterで「根津神社 つつじまつり」と検索すると、実際に訪れた方のツイートを見ることができるので、こちらも参考になりますよ。

さらに、TOKYO CABLE NETWORKのサイトでは、120秒ごとにツツジの最新状態を見ることができます。(ライブ映像ではなく、静止画です)

 

根津神社に植えられているつつじの花は種類が多く、それぞれに開花時期が違って、バラバラに見頃を迎えるとあって長くいろんな種類のつつじが楽しめるのも魅力ですよね。

早咲きのツツジや遅咲きのツツジがあり、お目当ての珍しいつつじの開花季節に合わせて行ったり、満開の季節を狙って行く通な楽しみ方をしている人もいますよ~。

以下は、根津神社の主なツツジのおおよその開花順番です。ご参考にどうぞ。

  • ミツバツツジ
  • キリン
  • キリシマ
  • フジツツジ
  • キレンゲツツジ
  • ハナグルマ
  • カラフネ
  • ミシマツツジ

ちなみに、珍しい種類のツツジといえば、豆粒ほどの小さな花を密にして咲かせる「フジツツジ」や、別名黒ツツジと呼ばれる「カラフネ」、風車のような大きな花びらが特徴の「ハナグルマ」が人気です。

根津神社のつつじ祭りの屋台や混雑情報まとめ

根津神社のつつじまつりは、国の重要文化財に指定されている境内に、手入れの行き届いたたくさんのつつじが見事に映えるステキな空間!

屋台も期待を裏切らない充実ぶりで、珍しい和菓子の屋台が人気です。他ではなかなかお目にかかれませんからこの機会に試してみたいですよね。甘酒茶屋も気になります。

そして、毎年たくさんの人たちが訪れていますので、できるだけ混雑を避けてたのしめるといいですね~。

可能ならば、ゴールデンウィークは避けた、平日の朝一番もしくは15時以降を狙って、混雑を避けて楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました