豚汁の日持ち!常温と冷蔵庫では?保存方法と日持ちする調理方法も

料理・洗濯・掃除




寒くなってくると、食べたくなるのが豚汁。具沢山で栄養もたっぷり取れるからたくさん作ってしまいたくなりますよね。

ただ腐らせてしまう心配も…。豚汁はなんとなく日持ちする気がしますが、結局どれくらい安心して食べられるのでしょうか?

より日持ちする調理方法のコツについても紹介します。

豚汁の日持ちは常温・冷蔵庫で何日もつ?

たくさん作った方が便利だし美味しいし、ということでお鍋にたっぷり作って翌日に持ち越しがちな豚汁。日持ちもするイメージがありますが、実は豚汁は意外と腐りやすいメニューなんです。

どれくらい日持ちするかというと、冬場は常温保存で作った翌日までの2日間が安心して食べられる期間です。食べる際に温め直しをして、3日目まではなんとか行ける感じです。

もし夏場でしたら常温で置いておいたら半日もてばいい方ですね。最近は夏の暑さが厳しいですし、一層腐りやすいですよね。

冷蔵庫に保存すれば季節に関係なく常温よりも保存がきくとはいえ、冷蔵保存でも3日程度で食べきってしまうのが安心です!

次はおいしさを保つ保存方法のご紹介です。

豚汁の保存方法

さて、保存方法なのですが、冷蔵庫で保存するのがおすすめでしたね。

鍋ごと保存する際には、なるべく空気に触れないように蓋をして冷蔵保存するのが一番安全。そして、1日1回は沸騰させないように火を入れるようにします。

こうすれば、食中毒の心配もせず、美味しい豚汁が食べられます。温め直しの時には、風味が落ちますのでくれぐれも沸騰しないように注意してくださいね。

また、豚汁は食べる時にアツアツを盛りつけたら、残りは速やかに冷やして保存するようにするのが腐らせないコツなので、コンロの上に鍋ごと置きっぱなしにしないようにしましょう

 

また、調理した際に、一気に冷やしてバッと冷蔵庫に入れてしまうのが最大のポイント。

鍋が入るサイズのボウルや桶に水(できたら氷水)を入れて、そこに蓋をした鍋を入れます。水が入らないように気をつけてしばらく置いて冷めたら、鍋ごと冷蔵保存します。

ちなみに、北海道に住んでいる私は、冬にすぐに冷やしたいものがある時は除雪した雪山にドンと鍋ごと突っ込んでしまいます。そうすると、20分もすればキンキンに冷えていますから、そのまま冷蔵庫へGo!

北国以外にお住まいの方は、とにかく水や氷を使って冷やしましょう。保冷材をタオルで包んでぐるりと鍋にまとわせるという方法もオススメです。この時、上も下も冷やすようにしましょう。

お鍋をまるっと冷蔵庫に入れられない場合は、タッパなどに小分けにして、使う分だけ温めるという方法もあります。光熱費も節約できますし、全体の風味も落ちませんしね。

こんにゃくが入っていない場合は、冷凍保存もできて冷凍なら1ヶ月くらいはおいしくいただけるので、ご都合に合わせてどうぞ!

次は、あれ?おかしいな…という異変に気づくためにも、腐ったらどうなるのか?をお伝えします。

豚汁が腐った時の見分け方

さて、日持ちと保存方法をお伝えしましたが、もし豚汁が腐ってしまったらどんな状態になるのかも知っておきたいですよね。食べる前に確認できますからね。

豚汁が腐ったら…

  • 豚肉が白っぽくなる(脂じゃない白いプツプツが浮いてくる)
  • 豆腐や芋を持ちあげると糸を引く
  • 液体部分がトロッとする(あんかけを作った時よりサラッとした感じ)
  • 生ゴミ臭がする
  • ツンとしたにおい
  • 口に入れるとピリピリする
  • 酸っぱい

特に豚肉の白いプツプツしたものは、脂かしら?と思ってしまう感じなのですが、注目すべきは赤身の部分。赤み部分が白っぽくプツプツ浮いた状態になっていたら諦めて廃棄した方がいいです。

また、里芋を入れると全体にトロッとしますが、里芋周辺じゃない具材を持ちあげてみて、とろっとして糸を引いたらお別れのサインです。

つづいては、せっかくなら調理する時点で腐りにくく保存が効くように工夫できないのか?ということで、豚汁が長持ちする秘訣を紹介します。

豚汁が日持ちする調理方法のコツ

一般に食べ物を長持ちさせる調理方法と言えば、塩分と油を多く使うこと。

さすがに油でギトギトにするわけではありませんが、それぞれの具材をしっかり炒めることで日持しやすくすることができます。最初に具材はしっかり炒めて、油を回しておきましょう

また少し面倒なのですが、豆腐に焼き色がつくくらい焼いておくという方法も長持ちには効果的ですね。

私も以前「傷みやすいのは豆腐が原因なのでは?」と思って実験してみたんですが、あの豆腐のイヤな酸味が消えました。温めて水きりした豆腐でも効果がありますよ。

あとは、抗菌作用がある生姜をガッツリ入れる、という方法もオススメ。仕上げに生姜のしぼり汁を入れたり、すりおろしを入れたりするご家庭も多いと思いますが、生姜の抗菌作用とともに、香りがよくなるのでオススメですよ。

豚汁の日持ち!常温と冷蔵庫では?保存方法まとめ

豚汁の日持ちと長持ちさせる方法についてお伝えしましたが、工夫次第でおいしくただけるのはうれしいですよね。

豚汁は冬場であっても常温では2日間しか日持ちしませんので、可能なら冷蔵庫で保存したほうが安心です!鍋ごと冷蔵庫へ入れるか小分けにして冷蔵庫に入れて保存しましょう。

そして腐ったら、スープ自体もとろっとしてにおいや味にも変化がありますし、豚肉の赤身部分が白っぽくプツプツしていたら廃棄でしたね。

腐らせないためには、とにかく、作ってすぐに食べない分は急いで冷やす。これが鉄則です。

最後までおいしく食べきれるように工夫してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました