お年玉の入れ方で折らない場合の向きは?複数入れる時のマナーも紹介

豆知識




新年最初のお正月に渡すものと言えば、お年玉ですね!自分が昔嬉しかったように、子どもたちにも喜びを分けてあげたいものです。

しかし、お年玉って一年に一回しか渡さないものなので、あれ?どうやってお金を入れたら良かったんだっけと、マナーもあいまいですよね…。

最近は色々な種類のかわいいポチ袋がありますが、お札を折らないタイプの大きいお年玉袋の場合のお札の入れ方を解説します。

そこで、お札を折らないで入れる場合のお札を入れる向きと複数入れる場合の注意点をご紹介します。

お年玉の入れ方で折らない場合の向き

お年玉としてお金を折らない場合の入れ方ですが、お年玉の表面を上に、そして肖像画(人の顔)の部分を上にして入れるのが正しい入れ方です。

つまり袋の表から見て、お金を出したときに、最初に肖像画の顔から見えるのが正しい入れ方となります。

硬貨のようにお札にも表裏が存在し、お札の表は顔の書かれた肖像画の面が表となります。お年玉袋の表とお札の表面を合わせて、肖像画の顔が上になるように入れてあげましょう。

そして、金額の書かれている部分(お札の右上、肖像画の右上)がはじめに出てくるのが正しい方法です。

次は、複数枚のお札を一緒に入れる時の方法と注意点をご紹介します。

お年玉の入れ方で折らずに複数枚袋に入れる場合の重ね方

 

お年玉では千円札を3枚や、五千円札を2枚、もしくは一万円札を何枚かなど複数枚のお札を入れる場面もありますよね。

そんなときは上記の一枚入れる場合の入れ方と同じ入れ方で、お札の向きを揃えて入れるのがマナー。

お札の肖像画の面を表に、顔の部分が上にくるように揃えて入れてあげてくださいね。全てのお札の向きと表裏をきちんと揃えて入れましょう。

場合によっては一万円札と五千円札など違う種類のお札を複数枚入れる、ということもありますよね。

そのようなときは千円札、二千円札、五千円札、一万円札という順に金額の大きいお札を上へ上へと重ねていきます。袋の表から見て一番額面の大きな紙幣が見えるような入れ方ですね。

お札の大きさは実は、金額が上がるほどに少しずつ大きくなっています。大きいお金を上に重ねると覚えておいてくださいね。

お年玉の入れ方でお札のシワが気になる場合の対処法

新年を迎えるお祝い事に渡すものなので、本来であれば新札を準備するのが基本となります。新札がマナーですし、あなたのために事前に準備しましたよという気持ちも伝わりますからね。

でも忙しい年末年始、どうしても新札が準備できないこともありますよね。

もし、ちょっとシワが気になるものしか用意できなかった場合にはなるべくシワの少ないものを選びます。そして、シワの少ない比較的きれいなものを上に置いて、最初の印象だけでもよくなるように配置しましょう。

 

また、どうしてもシワのあるお札しか用意できなかった場合のため、お札のシワ伸ばしをする裏技もお伝えしておきましょう。

大根おろしでお札のシワを伸ばす

その方法はこちらです。

  1. 大根おろしをキッチンペーパーで包む
  2. 包んだ大根おろしをお札の上にのせてお札を濡らす
  3. 低温度のアイロンでお札をしっかり伸ばす

※このとき、ホログラム部分は避けてかけるようにしましょう

この裏技は、大根おろしの作用で、お札のでんぷん成分が柔らかくなり、アイロンによってでんぷんが固まってまっすぐの状態を保てるとのこと。

ヘアアイロンを使う

髪の毛と同様に、お札も伸ばせるのがヘアアイロン!その方法をご紹介します。

  1. 布やティッシュに水を含ませお札を濡らす
  2. 約100℃の低温に設定したヘアアイロンでお札を伸ばす

こちらは、ヘアアイロンのアイロン効果でしわしわのお札がピン札のようになりますよ。

 

どちらも便利な方法ではありますが、やり方などをしっかり確認し、リスクも承知した上で試してみてくださいね。

貴重な紙のお札を使って行うものなので、十分に気をつけたうえで自己責任でお願いします。

まとめ

さて、新しい新年を子どもたちと迎えるために欠かせないお年玉。

今回はそんなお年玉のマナーとして大きめのお年玉袋にお札を折らずに入れる向き、その方法を解説しました。

相手にも気持ちよく新年を迎えてもらえるよう、事前にしっかりと準備して臨みたいですね。

きれいに整ったマナーを守った入れ方で、子どもたちにも新年の喜びを分けてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました