商品詳細  

   白 磁 印 花 雲 龍 紋 盤     
定 窯       お問い合わせ           hj. 020

       (銀 鍍 金 覆 輪 )

      遼     10 世紀前半期

          口径   20.5cm

        倍率 200 の マイクロスコープ撮影 の 写真 
        倍率 200 の マイクロスコープ撮影 の 写真
    
    初期の定窯に属する金彩の残る銀鍍金覆輪を備えた龍紋盤である。

     チタニウムを含むとされる釉は灰青色ではあるが

    ほのかな牙白色の釉色もみえる。

   、優美な印紋(印花)の中の美しい釉だまりを備えた龍が際立っている。

    また、高台脇には、涙痕も見られる。

    九世紀の邢州窯白瓷に遅れて十世紀には同じ白磁でも

    龍の加飾をした定窯の龍紋盤(皿)が創作された。

    この龍の形は後の北宋11~12世紀に継続される。

  

           ※  五代~北宋初頭の定窯の焼成材は松材(木材)を使用の為、

              還元状態が強く、釉は灰青色(一種の青白磁)にあがる。

              北宋11世紀の時代はすでに、石炭を使用していたようで酸化炎が多く、

              釉は黄褐色が強くなると思われる。

              この浅碗形の盤(皿)は極めて軽くその打音は波長の長い響きをもつ。

              胎土の良質な様子をみてとれる。

              また、印花のデザインは上海博物院蔵の白磁印花雲龍紋盤
                                        (11世紀後半~12世紀初期)
              の雲龍紋の特徴に極めて似ている。




     参考


出光美術館には10世紀中期の定窯,白磁鬼面紋八角盤がある。